■■■■■しほり最新情報■■■■■

NEW!■【楽曲提供】10/23発売 三森すずこ 3nd.Single cw 「私...見守ってるよ!」しほり作曲担当。

NEW!■【Live】10/14(Sun.)「結城アイラ&しほり presents ラブリィ♡シフォン3」開催※9/14(Sun.)第二次Webご予約開始予定!!

NEW!■【Live】9/1(Sun.)しほりバースデーライブ開催!ご予約

■【7/31発売】水樹奈々 29th.Single 収録「ドラマティックラブ」コーラス担当

■【7/26発売】  「戦刃乙女-マキナに宿りし心が願うは-」ED主題歌「NEXT TO YOU」(作詞、作曲、歌)ゲーム、サントラ発売。

NEW!■【Live】9/14(Sat.)栄ふんすいビヤフェスタ2013 に出演決定!(観覧無料)
NEW!■【Live】9/13(Fri.) 名古屋 栄 TIGHT ROPE にてピアノ弾き語り

■【Videos】4/13発売!!New Single「おじいちゃんのうた」CM公開!!

■【PVメイキング】「結婚行進曲〜Long Forever〜」のPVメイキングMovieをYouTubeに公開!!

Live情報

【3年ぶりのしほりAlbum発売!】9/4(Wed.)「結婚行進曲〜Long Forever〜」発売中!!※詳細はこちら

■【Videos】サンタフェJIN祭、セルフドキュメンタリー「しほり旅行記1」「2」「3」をYouTubeにUP!

■初の手描きアニメーションPV『Cruel Game』公開中。特設サイトOPEN


*************************

2013年05月26日

言霊の話。

ふらっと立ち寄ったカフェでのこと。

ぼーっとしていると、とある若い店員さんとお客さんのやり取りがふっと心に引っかかった。


若い男性店員さんが、お決まりの注文確認のセリフを
棒読みで、何度も同じ調子で同じことを確認している。

ん??

と、目を上げると、お客は初老の小柄な女性で
どうやら耳が遠いらしい。

なるほど、気の利かない店員さんだな、と思う。

でもまぁ、普通に聞こえる人にはわかりにくいのかな、とも思い直す。


私は元々左耳が聞こえないので、そんなやり取りは日常茶飯事である。
子どもの頃は、更に内向的な性格だったこともあり、最終的に全く気づかないこと多々だったそうだ。
(と大人になってから言われて知ったりした)


騒がしい場所での会話や・・
美容院なんかは、特に大変なシチュエーションだ。

美容業界では暗黙のルールでもあるのだろうか?
なぜかどこの美容師さんも左側から声をかける。

左が聞こえない私にしてみると
シャンプーやドライヤーなんかしてたら絶望的に何も聞こえない。

何度も聞き返すのも、数時間適当にあいづちをうつのも苦痛だし、無視していると思われるのも心外なので(笑)
「左は聞こえないんで、右からお願いします」
とお願いする。


でも、人によってはいちいちそう伝える方が面倒だったり、嫌な人もいるかもしれない。


さっきの女性も、ただ静かにだまっておられたので
そういうのが億劫なのだろう。


そんな不毛なやり取りが続いた後、
別の商品受け渡し係りの女性店員さんが、ひときわはっきり大きな声にして
女性客に声をかけた。

今度は一度で伝わったようだ。


ほっとして、私はまた自分のミルクティーに意識を戻した。


言霊の力とはこれだ。


だいたいの人は、頭で考えなくてもなんとなくしゃべって、なんとなく会話してたりすると思う。

でも、喧騒の中でも
あるいは、なんでもない日常の中でも
ふっと耳の奥の、心の中まで響いてくる声にときおり出会う。


そういう人の言葉は
はっきりと明確に「この人にこの言葉を伝えよう」と意図して形作られた、「言葉」という生き物である。


声にのって、空気を振動し、エネルギーをふるわせて、相手の心に「聴こえる」。


そうして、意図して発せられた人の言葉にはパワーがある。
その源が悪意なら、時に相手を病気にしてしまうこともあるかもしれない。
思いやりなら、時に今死んでしまおう、と思い悩んでいた人の命を救ってしまうこともあるかもしれない。

それくらい、発する、伝える、聞く、聴こえる、
ということには無限大の可能性が秘められている。


本気の「いらっしゃいませ!」
には、びっくりするくらい
「ようこそここへお越しくださいました!私は喜んであなたを歓迎します」

という気持ちがこもっていたりして、
それがちょっとお高めのレストランでも、コンビニだとしても、
私はついはっとし、顔をあげ
「ありがとうございます!」と微笑まされてしまう。



思いを形にして伝えられるのが、言葉の力だ。



新作「おじいちゃんのうた」の中でも歌われている、遺されたおばあちゃんは
とてもおしゃべりだというのに、としをとってからかなり耳が遠くなってしまった。
補聴器をつけていても会話を聞き取るのはとても困難だ。
そのため、みんなで会話をしていても何の話かわからずさみしそうにぽかんとしていたり、
(私も飲み会で右端に座らざるをえなかったときなどは、みんなが何の話で笑っているのかほとんどわからないので
おばあちゃんの気持ちはなんだかよくわかる。)
的を射ない返答で周りも次第に半ばイライラしながら何度も同じことを尋ねなければならない。


しかし、不思議なことに
きちんと「おばあちゃんに伝えよう」という強い意思をもって
おばあちゃんの心の奥へ届けるように語りかけると、
ほんの1度でおばあちゃんは理解できるのだ。


誰でも経験あるのではなかろうか?
学生時代にどうしても眠くなってしまう教科の先生。


「生徒に伝えよう」という明確な意思を持たない授業は
ただの「サウンド」と、「文字の羅列」にしかなりえない。


聞く気がおこらず睡魔に襲われてしまうのも仕方が無いだろう。


長くなってしまったけれど
声と言葉と、耳と聞く・聴こえる

についての話でした。



もし、うまくコミュニケーションできずに悩んでる人がいたとしたら
または、そうしたいのにうまくいかない誰かがいるとしたら、

その人の方へしっかりまっすぐに向いて、
相手の心めがけて、思いをたっぷりとこめて
話しかけてみてください。


その時、「言葉のやりとり」をこえた
「心のコミュニケーション」がきっと始まるはず。



posted by shihori at 19:32 | Comment(1) | 生き方の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

祈り

3.11

日本が強制的に揺さぶられた日から2年。

多くを失い
いまだその傷跡がきえない。

その中で、多くの人が命の尊さを想い
命の儚さを想い

どれだけの平和が想われただろうか。


それぞれができること、

この時代、この場所に生まれたこと

生きていること

ちいさくていい。 生きている、それは、それだけでとても尊い事だ。


傷跡は消えなくても、そこから立ち上がり、希望を持ってすすんでゆけますように。

ちいさな優しさ
ちいさな笑顔
ちいさなありがとう

つないでつないで

めぐりめぐって、誰かの笑顔になりますように。




posted by shihori at 23:20 | Comment(0) | 生き方の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

おじいちゃんありがとう

今朝、おじいちゃんが亡くなりました。

朝起きたら母から、そのメールが入っていました。
10年前に肺がんで余命1年て宣告されたのに
入院や治療はこばんで、自分の好きな生き方を最期まで全うしました。

私は4、5年前くらいまでがんであることすら
全然知らなかった。
知らされてなかった。
ばあちゃんには最後までだまってたそうです。


昔はすごく怖いイメージのおじいちゃんだったけど
年々ほんとうの素顔のおじいちゃんは
ほんとうに心がきれいで、まっすぐで、優しくて
そして芸術家肌だったんだ

ということを、まわりみんなも近年になって気づいたのでした。
若い頃は名古屋の街の楽団で、バイオリニストをしていたそう。

80歳すぎてから始めた水彩画はみるみるうまくなり

image-20130114013540.png
数年でこんなレベルに!

80すぎても人間無限に成長できるんだ!
って、めちゃくちゃ感動した。


同時に、とくに芸術一家とかいう環境じゃまったくなかったけど、なんかこのじいちゃんからもらってたのかもなって嬉しく思った。


私の活動のことは全然うとくてよくわからないけど、
音楽で生計を立ててるということを
とても喜び、ほめてくれました。
たまたま名古屋でじいちゃん宅に寄った日にそんな話をしていると
偶然、TVで中川翔子さんが出ていたので
「おじいちゃん、私が書いた曲、この子が歌ってくれたんだよ」
って説明したら、しょこたんは知ってたようで
「ほうかほうか!」と喜んでくれました。


1年くらい前からもう危ない状態は続いていたようで
いつ最後になるかわからないと聞いて
私はおじいちゃんに手紙を書きました。
かわいいレターセットを買って、何枚分も書きました。

そのあとふっと元気になったと聞き
じゃあ当分渡さないでとっとこう。
できれば渡さない期間が長ければいいな。と思いながら。


元旦にはいつものように年賀状が来ていました。
19日の名古屋ブルーノートがあるから
前乗りして18日におじいちゃんに会いに行こう、と母と計画していました。



あと5日。。。


あとたった5日。


あえなかった。

手紙、あのとき渡せばよかった。
めちゃくちゃ後悔した。


東京に出て11年、ライブがないと名古屋には帰らないし、とんぼ返りも多くて
滅多に顔を出せなかった。
敬老の日にプレゼントを贈ると
嬉しくて電話をくれた上、しほりがプレゼントをくれたんだと母にも自慢していたそうです。

昔は怖くてあんまり話ができなかったけど
ここ数年は、いろんな話ができたと思う。

言い残したことはないと思うけど
もう一回、あいたかったなぁ。。


でも、じいちゃんは、自分の死期が近いことわかってたから
ばあちゃんや娘(私の母)に
「覚悟はしておいてくれ。
自分はもうやり残したことはない。満足しているから。」

と、つねづね言っていたそうです。
そして、泣いて悲しむより笑顔で送ってほしいと。


朝メールを見て、泣きながら母に電話したら
母が、爽快に穏やかな様子でいろいろ説明してくれました。

すごく、いい死に顔だったよ。


よかった。
かっこいい生き方みせてくれたおじいちゃんに感謝いっぱいです。

私ひとり名古屋から離れていて
あんまり時間をもてなかったこともあって
私はとても寂しいです。

だから、今はいっぱい泣いちゃってるけど
じいちゃんが笑顔で天国に向かうんだから
せいいっぱいのおつかれさま、ありがとう。
の気持ちで、見送ろう。


人はいつか死ぬ。
でも、おじいちゃんは満足いく人生を全うできた。
これって素晴らしいことだよね。


今日は、白龍館でベートーベンライブでした。
ベートーベンを愛してやまなかった白龍館の故・マスターと
おじいちゃんもみてくれてるんじゃないかな、
と思いながら、下手だけど、想いをこめて
一番大好きな「月光」を弾きました。

image-20130114020957.png


おじいちゃん、ありがとう。
ライブには全然きてくれなかったけど
天国にいったらちゃんと私の歌きいてね。


しばしの、さようなら。

あと何十年かわかんないけど
私も後悔しないように、精一杯生きます。



posted by shihori at 02:14 | Comment(6) | 生き方の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。